温泉・サウナ

alt alt

レトロな雰囲気たっぷり、日本最大級の純木造浴室

温浴棟の建築は飛騨高山の重要文化財建築物「日下部住宅」をモチーフに【町屋造り】を再現し、伝統工法を駆使した釘を使わない梁組みが特徴です。木々の織り成す和の調べは、まるでタイムスリップしたかのようなレトロな雰囲気です。
温浴棟は延べ面積約1,000㎡あり、中でも天井高12メートル、100坪を超す【純木造浴室】は日本最大級の大きさを誇ります。(当社調べ)木材はケヤキ、ヒノキ、マツを使用、メインとなる柱は樹齢200年超と言われる直径60センチのケヤキを使用しております。

極めてめずらしい泉質

源泉は…

全国的にもきわめて珍しい「マグネシウム・カルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉」というすべての泉質の温泉がブレンドされている良質の天然温泉です。

メタケイ酸を豊富に含む「美肌の湯」

なぜふじやま温泉に入るとツルツルのお肌になるのか? ふじやま温泉には、美肌作りにピッタリなメタケイ酸が、ふじやま温泉には81.2mg/kg含まれています。(当社調べ)天然の保湿成分だといわれるメタケイ酸は、肌の新陳代謝を促進して、しっとりとキメ細かい肌をつくってくれます。

バナジウム水

富士山特有の天然水「バナジウム水」。当館のバナジウム含有量は市販されているミネラルウォーターのおよそ2倍!(当社調べ) 「新陳代謝を良くする」「血糖値を下げる」といわれる話題の天然水を全館で飲料水として使用し、大浴場にもバナジウム風呂を設けております。

内風呂

mikageishi

御影石大浴場

マグネシウム・カルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉は炭酸カルシウムが多く含まれ、入浴後には肌にすべすべ感が残り、温まる泉質です。【温度】42℃

konodo

高濃度炭酸泉

ふじやま温泉では、人工の炭酸ガス発生装置を導入し、1000ppmの高濃度炭酸泉を再現しております。毎日入ることで血液の循環を促進し、自然治癒力や免疫力を高めるのに効果的です。

日替わりバナジウム風呂

「新陳代謝をよくする」「血糖値を下げる」奇跡の水として注目を集める富士山特有の天然水「バナジウム水」を地下150mから汲み上げ、贅沢に使用。バナジウム水は飲料用に市販されていますが、当館のバナジウム水は市販されているもののおよそ2倍を含んでおります。【温度】40℃


ジェットバス&寝湯


噴射される気泡に包まれて入浴することでマッサージ効果とリラックス効果があります。【温度】41℃



水風呂


水風呂はサウナの後の火照った肌を引き締め、肌にうるおいを与え、皮膚の新陳代謝を良くします。お風呂上がりの前に入りますと、毛穴を収縮させて放熱を防ぎ、いつまでもポカポカと保温の効果があります。【温度】16℃


露天風呂

富士川の支流でとれる緑色の『早川石』をふんだんに使った、和の趣を感じる露天風呂です。また、ここにも飛騨高山の棟梁のこだわりが感じられる東屋があり、和の趣を感じながらゆったりと温泉に浸かることが出来ます。 【温度】男性42℃/女性41℃

サウナ

高温サウナです。
発汗作用により、新陳代謝を促します。
【室内温度】男性86℃/女性80℃

温泉成分・利用の注意事項

泉質

マグネシウム・カルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉

一般的には炭酸水素塩泉と称します。

炭酸カルシウム・メタケイ酸も多く含まれ、入浴後には肌にすべすべ感が残り、温まる泉質です。

効能

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性婦人病 など

pH値

7.3

湧出量

毎分193.1リットル (源泉における)

泉温

30度

源泉はエリア内で湧出しております。

「ふじやま温泉」は加熱循環式(加水なし)を採用しております。

「ふじやま温泉」では細菌やウィルスに有効な殺菌・脱臭作用を持ち、安全性にも優れた最新の殺菌システムを導入して浴槽が常に衛生的で安全な状態を保つよう配慮しております。

ご利用上の注意

当館のご利用について、次の事項に当てはまる方のご利用は固くお断り致します。

  • 警察の指導により暴力団関係者の方
  • 入墨、タトゥー(ファッション、ワンポイントを含む)、刺青シールの方
  • 泥酔の方
  • 皮膚病の方
ご入浴の注意
  • オムツの取れていないお子様はバナジウム風呂のみのご利用とさせていただきます。
  • 湯船にタオルを入れないでください。
  • 浴槽の水は飲まないでください。
  • 泥酔、心肺機能に支障のある方のご入浴はご遠慮ください。
  • 他のお客様のご迷惑になるような行為は固くお断りいたします。
ページトップへ戻る